So-net無料ブログ作成

V40 ドライブレコーダー取り付け [V40]

 取り付けはA4からおさがりのトランセンド DrivePro 200

この機種は欠点として、
露出の変化に敏感で空の色が一定にでてこない、
A4では地デジの電波障害があった、という2点だけで
それ以外は300万画素相当の画質はきれいで不満なし。

水平画角が160度と広く車内録りには最適。
その画角の広さが後に困った事になるのだが。

 ヒューズ電源は助手席足元のヒューズボックスが配線取り回しが楽そうであるがアクセサリー電源はなく、
61番ガラスサンルーフから取ることにする。
こいつはドアオープンクローズでOnOffする。

 エーモンの1穴シガー電源ソケットで電源取り出しすることにし購入したものの、ヒューズ容量をよく確認しなかったので、10Aなのに15A用を買ってしまった。
ガラスサンルーフついてないし、まあいいか、

ヒューズの抜き取りハサミ?が手元になく、
エンジンルームのヒューズボックスに格納されていた。
このヒューズボックスのカバーが少し外しにくかった。
取説のはずし方は実際と違う表示になっていた。


スポンサードリンク





 助手席足元61番をテスターあててみると
向かって右側がバッテリー+。

 配線はAピラーからグローブボックス横へと通すわけだが、
このグローブボックス周辺は広い空間があり、
何ら困らない。
簡単に隠匿配線できる。

Aピラー 
上部の目隠しふたをめくって8mmのボルト外すと、
あとはえいやで引っ張るのみ 
まず上部を垂直方向に剥がす感じで、
下部は少しこじって浮かせて引き抜く。
真ん中へん2ヶ所が刺さっているだけで簡単に剥がせる。

IMG_3016__.jpg


ただ6角ボルト周辺のクリアランスがあまりなく、ガラスに当たらないよう養生しながらであった。

IMG_3019 .jpg


 あとは助手席グローブボックス横のパネルをはがせば、中は広々しており配線は楽々完了。
Aピラーに這わせる際にカーテンエアバッグに注意するぐらい。

IMG_3007_.jpg


 で、完成したもののカメラにどうしてもセンターカバー部分が映りこむ。
広い視野角の副産物。
あまり左に寄せるのも画像的にもよくないので
多少の映りこみはがまん。


2016年6月施工

トランセンド DrivePro 200
 発売から少したつので、ずいぶん値段がこなれてきました。
画素数300万あるので画質はケンウッドよりきれいです。
特に夜間の画質が素晴らしい。
車内撮りかバック用にもう1台購入しようかどうか思案中。
2017年6月


(1,000円の電子書籍が無料ダウンロードできます。)
自由な人生を手に入れる教科書 

続き


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車