So-net無料ブログ作成

キャップレス燃料給油口システム [V40]

 給油口のふたをあけるだけで楽に給油できるので妻には好評。
最近テールエンドの汚れが気になりだし、エンジンオイルを7月に交換したところだが、ワコーズのフューエルワンを注入することに。

 ガソリン入れる前に注入しようとスタンドへ持参して、あれ
そうだシャッターついてるんだったと気付く。
当然直接差し込めない。
 帰宅後ツンツンしてみるが細い直径のものではシャッターが開かない。
じゃあ緊急時ポリ容器とかで入れる時はどうするんだろ、
と改めてWeb取説を見てみると、ありました。
ちゃんとそれ用のロートがカーゴの下に。
これは今まで気づかなかった。

IMG_3201_.jpg


IMG_3199_.jpg

 差し込んでみるとカチャっとすんなり押し込め解決。

ただめんどくさい、かなり。
良し悪しとはまさにこの事なり。

2016年8月

続き


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

V40 ウェルカムライト交換 [V40]

お金がたまるポイントサイトモッピー

 このライト、発想はいいんだけど使わない。
納車されてすぐLEDに交換したけど使わない。

 とはいえ真っ暗なところに駐車したときに備え、
LEDの色目を変えることに。
電球色を入れていたが、スモールにあわせて
白色に変更。

 1 ミラーを剥がす。
 2 プラのキャッチを押して外す。
 3 交換する。

たったこれだけのことなのだが2が曲者。
ミラー内部が二重底になっており、ランプユニットは見えず、
リリースするキャッチのところに小さな長方形の穴があるだけ。
これがなかなかにリリースしにくい。

自動車の部品たてつけってなんでこんなにやりにくいように
してあるのかといつも思う。

まあわざとのところもあるので
それを撃破していくのもDIYの楽しさ、か。

3063.jpg

分かりにくい写真だが、外れたランプユニット。ぶら下がっている下側の内にプラのキャッチが見える。

3065.jpg


 その辺の適当な道具を使うなら、L字レンチが使いやすかったが
一発でなかなかはずせず、養生していても四角穴周辺はキズだらけ。

ユニットの取り付けはパチンとあっけなく取り付け完了。

 これで当分ここは当分は封印。

2016年6月

続き


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

V40 ドライブレコーダー取り付け [V40]

お金がたまるポイントサイトモッピー

 取り付けはA4からおさがりのトランセンド DrivePro 200
この機種は欠点として、露出の変化に敏感で空の色が一定にでてこない、A4では地デジの電波障害があった、という2点だけで
それ以外は300万画素相当の画質はきれいで不満なし。
水平画角が160度と広く車内録りには最適。
その画角の広さが後に困った事になるのだが。

 ヒューズ電源は助手席足元のヒューズボックスが配線取り回しが楽そうであるがアクセサリー電源はなく、 61番ガラスサンルーフから取ることにする。こいつはドアオープンクローズでOnOffする。

 エーモンの1穴シガー電源ソケットで電源取り出しすることにし購入したものの、ヒューズ容量をよく確認しなかったので、10Aなのに15A用を買ってしまった。
ガラスサンルーフついてないし、まあいいか、
ヒューズの抜き取が手元になく、ボンネット開けてエンジンルームのヒューズボックスに格納されていたがこのヒューズボックスのカバーが少し外しにくかった。取説ともはずしかたが違った。

スポンサードリンク





 助手席足元61番をテスターあててみると向かって右側がバッテリー+。
 配線はヒューズボックス及びAピラーからグローブボックス横へと通すわけだが、このグローブボックス周辺は広い空間があり、何ら困らない。簡単に隠匿配線できる。

Aピラー 上部の目隠しふたをめくって8mmのボルト外すと、あとはえいやで引っ張るのみ まず上部を垂直方向に剥がす感じで、下部は少しこじって浮かせて引き抜く。真ん中へん2ヶ所が刺さっているだけで簡単に剥がせる。

IMG_3016__.jpg


ただ6角ボルト周辺のクリアランスがあまりなく、ガラスに当たらないよう養生しながらであった。

IMG_3019 .jpg


 あとは助手席グローブボックス横のパネルをはがせば、中は広々しており配線は楽々完了。Aピラーに這わせる際にカーテンエアバッグに注意するぐらい。

IMG_3007_.jpg


 で、完成したもののカメラにどうしてもセンターカバー部分が映りこむ。広い視野角の副産物。あまり左に寄せるのも画像的にもよくないので多少の映りこみはがまん。


2016年6月施工

トランセンド DrivePro 200
 発売から少したつので、ずいぶん値段がこなれてきました。
画素数300万あるので画質はケンウッドよりきれいです。
特に夜間の画質が素晴らしい。
車内撮りかバック用にもう1台購入しようかどうか思案中。
2017年6月


 最近アフェリエイトなるものを始めました。
成果はまだですが、この方の考え方は参考になりました。
(1,000円の電子書籍が無料ダウンロードできます。)
自由な人生を手に入れる教科書 

続き


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

V40 DRLキット取り付け [V40]

 昨年夏頃、大阪のワンズさんに問い合わせたところ、MY2015はまだ対応できていないとのこと。
どうやらMY2014までと仕様が違うらしい。
車預けて人柱にならない?とお誘いを受けたが時間取れずそのままになっていた。

 しばらく油断していたら、ERSTから配線キットが発売されている!すぐにワンズさんへweb発注。そう難しそうでめんどうなところもなさそうなので自分で取り付け。

IMG_2972_cut.jpg


 V40はヘッドライト回りのシーリングが甘いので、水の侵入を再確認するためまずは洗車。

説明書ではハンドルは右切りとあるがここは左切り。
トルクス6本外して、ライナーをめくるとカプラーが二つ見え、上側の12Pカプラーを引っ張ってボディーから外す。
奥のカプラーに爪があるので中央の出っ張りを押してリリースして、キットカプラーを間に割り込ませる。



次にヘッドライト取り外し。初めての取り外しだったがトルクス2本とプラのアンカーでとまっているだけで簡単に外せた。ヘッドライト抜き取る際にヘッドライトのカプラーを外す。

先ほど取り付けた配線を下から出して、あとは本体ユニット結線、バッテリー右横ヒューズボックスからとった電源結線、各種配線を結束バンドで固定、ヘッドライトカプラーからポジション信号線取りだし(青黄)、ヘッドライト戻して終了。



スポンサードリンク


 本体ユニットはウオッシャータンクの上しか置ける場所がないが、若干水濡れが心配。
先に洗車した際の水が結構侵入しており、タンクリア側の
窪みに溜まっていた。

 苦労したのはヘッドライトの戻し。
初めてというのもあったが、結構知恵の輪であわてて養生テープを貼り付け。

 さて点灯、あれつかない?

原因は割り込み配線のバンパー側カプラーが引っ張りすぎで外れてました。
最終チェックを怠ったために、泣く泣くヘッドライト外して配線のやり直し。

IMG_5315_cut.jpg


お金がたまるポイントサイトモッピー

 MY2015のDRL常時点灯はどうなることかと思ってたが、あっさりとキットで解決。
取り付け説明書は親切にも電源取り出しのヒューズボックス番号まで書いてあり、普段ボンネット開けて触る人なら、問題なく取り付け可能の手軽さだった。

MY2015では出荷時に実装されているLEDを活用でき満足。
キット価格 25,000円税込でした


 最近アフェリエイトなるものを始めました。
成果はまだですが、この方の考え方は参考になりました。
(1,000円の電子書籍が無料ダウンロードできます。)
自由な人生を手に入れる教科書 

続き


タグ:V40
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

V40 リモコンキーカバー [V40]

DSCN9128.JPG

 前車V70のキーレスは15年使用して最後はボロボロになったので、少し保護してみることに。
純正で良さそうなのがなく、社外品のシリコンケースをチョイス。
値段も1,000円ちょいとお手頃。
 シリコンの感触はすべすべでいい感じ。
装着もかなりぴったり。
難点は車内のキー差しには入らないことぐらい。
まあ身につけたままなので問題なし。
あとは裏側のボルボロゴがパチもんっぽい、
というかパチもんだし。

DSCN9129.JPG

続き


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

V40 ラゲッジルームLEDライト追加 [V40]

 購入時には気づかなかったが、ラゲッジルームのランプが左側しかない。右側は穴はきっちり空いているものの空洞。
左だけ点灯させるのは欧州車ならでは。
どうやらMY2015より省略されたようだ。

 穴が空いているなら、話は簡単。つけちゃいましょう。
ディーラーでランプソケットを発注。
IMG_2782.JPG
価格は1000円ちょいまでかと思っていたが、なんと2,667円なり。拡散レンズ付LEDもセットになっていたので少し納得するも、やや高めはボルボらしい。

 ソケット分解してみるとSMD一個だけなので少し暗いが、拡散レンズは部厚いのでまずまずの明るさ。
ケース内部のクリアランスがあまりなく改造は手間かかりそうなので、そのまま純正LEDを使用することに。
青くない白色なので色合いは落ち着いていてよい。
IMG_2785.JPG
3本足があり、LEDテスターで点灯させてみると、上から見て外側が+、真ん中がーだった。
カプラーは当然付属していないので、倉庫に転がっていた適当な線を直接半田付け。
+-の間が狭いので、絶縁処理。
IMG_4870.JPG
助手席側のランプはサイド切り欠きをはずせば簡単に手は届くが、
裏からおすだけでは外れず、ランプハウジング前方にあるツメを
押してやらなければならない。
 これがまた結構押しにくい。
IMG_4869.JPG
あとは助手席側のLEDに並列結線するだけ。
赤緑線がプラスで白青線がマイナスだった。
 配線引き回しは非常に簡易な部類。リアシート脇のプラカバーはバリバリあっさりと剥がせる。
ラゲッジルームが二重底のおかげで隠匿配線用のスペースも広々とあり全く問題なし。
IMG_4867.JPG
そんなに暗いところ行かないんだけど、
両方点灯して満足。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。